毒草一覧次の花
レイジンソウ



山中の日陰に自生していて、夏から初秋に薄紫色の独特な花を咲かせます。花丈は30pから50pほどで山林の湿地帯に多く見られます。山野草として人気ですね。トリカブトに近い植物です。花の形が舞楽の伶人(楽器奏者)の冠に似ているところからこの名が付きました。


毒草名  レイジンソウ(伶人草)
学 名  Aconitum Loczyanum R. RAYMUND
特 性  キンポウゲ科 トリカブト属、薄紅色の多年草
仲 間  アズマレイジンソウ(Aconitum pterocaule Koidz)
花 期  8〜10月
毒部位  根茎、全草 
成 分  アコニチン(Aconitine)、リコトニン
症 状  痙攣


≪MEMO≫
・漢方薬草:牛扁(ギュウヘン)=外傷による熱。[下薬]


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS